コルギ(骨気)でふくらはぎを細くするには?

ふくらはぎだけコルギで脚やせ効果はありえる?

コルギ(骨気)の効果は人それぞれで太ももはそれほど太くないが脚やせコルギ(骨気)でふくらはぎだけ細くしたい人もいるでしょう。

 

 

「スカートは履けば太ももは見えないからふくらはぎを細くしたい」などが考えられます。

 

コルギ,骨気,脚やせ,ふくらはぎ

 

このケースの場合はどのようなコルギ(骨気)のやり方をすればいいのでしょう?

 

細くしたいふくらはぎだけコルギ(骨気)を施せばいいかというとそれは違います。

 

御存知の通りコルギ(骨気)で脚痩せする原理は骨と筋肉に圧力をかけることによって血流やリンパの流れをよくし、骨と筋肉の間の老廃物を除去することです。

 

 

その結果、足のむくみが取れて細くなります。

 

コルやり方

 

ふくらはぎ、太ももと部分的に考えるのではなく下半身という括りで考えいてコルギ(骨気)を施すほうがいいでしょう。

 

ふくらはぎが細くなり、細くしたくない太ももまでもさらに細くなってしまうことはまずありません。

 

 

突然ですが、ふくらはぎの理想の太さはどのくらいだかわかりますか?

 

自分の身長 X 0.2 です。

 

 

例えば身長160pだとしたら 160 x 0.2 = 32センチが理想の太さです。

 

 

許容範囲で+1センチから1.5センチと言われます。

 

 

ただしこれは数値上でのことであって見た目とは違います。

 

32センチ以上の人でも奇麗な脚をしている人もたくさんいらっしゃいます。

 

一概に理想の太さに拘るのではなくあくまでも基準として把握しておいた方がいいです。

 

 

また、ふくらはぎを測る時間によっても太さは変わります。

 

朝計るのと夕方測るのとでは夕方のほうが太くなってるはずです。

 

これは脚やせの大敵、むくみのせいですね。

 

 

まずは自分のふくらはぎの太さを知った上でコルギ(骨気)を施し脚やせ効果を確認しましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

足痩せコルギで老廃物を除去する!
脂肪太りの脚よりも筋肉太りの足のほうが老廃物が溜まりやすいと言われます。