コルギ(骨気)とスクワットで足痩せする

コルギとスクワットで脚が細くなる共通点

脚が細くなる共通点としてむくみを取るということがあげられます。

 

コルギの場合は手を使って筋肉や骨を刺激し血液やリンパ液の流れを良くし老廃物を除去しますが、スクワットの場合は筋肉を鍛えることにより血行をよくします

 

したがって、どちらも共通しているのは筋肉を刺激し血行を良くすることです。

 

 

脚を細くするにはむくみを取ることが一番効果的ですし、見た目も細く見えます。

 

 

ただ脂肪太りの足よりも筋肉太りの方がスクワットに関しては苦痛ではなく続ける事ができます。

 

対して脂肪太りの足は元々筋力がついていない場合がありますのでスクワット自体苦痛に感じる事があります。

 

 

スクワットを日課にしたものの続かない原因はこの辺りにあるのではないでしょうか?

 

 

最初はモチベーションも高く足が細くなるならと、やり始めますが、やはり辛いストレッチは長くは続きません。

 

体育会系で運動が苦手でなく体を動かすのが好きな人はスクワットで脚を細くするのがいいでしょう。

 

反対に運動が苦手な人はスクワットよりもコルギの方が向いているかと思います。

 

 

筋肉を付けると言うと嫌がる女性もいますが、筋肉は代謝を早め脂肪燃焼しやすくなるため脚やせには欠かせません。

 

綺麗な脚とは、ただ単に細いだけでなく適度に筋肉がついていることで健康的にきれいな脚に見えます。

 

 

スクワットを始めるときは手の位置で部分的に負荷が違ってきますので、最初は両手を腰に当てて始めることをおすすめします。

 

腰が慣れたら今度は地面と平行に前に伸ばして行うといいでしょう。

 

 

頭の後ろで手を組んで行うスクワットが一番負荷がかかりキツイです。

 

スクワットをやるときは大きな負荷のかかるものを短時間やるより、あまり負荷がかからないスクワットの方が効果があります。

 

無理せずに少しでも長時間できるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

足痩せマッサージとコルギ(骨気)の違いは?
マッサージはヨーロッパが発祥の地でやがて日本に持ち込まれた施術法をいい手によって皮膚と筋肉刺激を与え緊張した筋肉を解し血流を改善します。 対してコルギ(骨気)とは筋肉を刺激する療法ではなく、直接骨を動かしたり刺激を与えて老廃物を除去する施術法です。
足痩せストレッチで一週間で細くなる?
本来であれば脚やせに限らず徐々に細くしていくほうが身体にも負担が少なくいいのですが、事情があり一週間で脚やせさせたい人もなかにはいるかと思います。
寝ながらできる簡単足痩せストレッチ法
寝ながらできるストレッチはこのように多々あるので、テレビを見ながら、ベッドで横になってスマホを見ながら、自由時間に是非、美にも少し気を使ってみてはいかがでしょうか?
お風呂の中でできる足痩せストレッチ
お風呂では代謝が良くなり、汗をかきやすくなっているので、脂肪燃焼効果もアップし、痩せやすい身体作りをするのに、最適な環境が整っています。ここで紹介した足痩せストレッチはとても簡単なので、お湯に浸かりながら、気軽に行ってみて下さい。1日に全て行わずに、小分けにして、毎日少しずつでも運動を取り入れることが大切です。
足痩せストレッチで1週間で結果を出そう
この2つのストレッチを毎日行うことによって、たった1週間でも驚くほど、体が変わると思います。理想の足痩せのためにも、是非、頑張ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?ただ、無理はもちろん禁物で、自分の体調に合わせて、自分のペースでゆっくり行ってみて下さい。
足痩せストレッチで、セルライトを解消
毎日こつこつとこのストレッチを行うだけで、足痩せに効果を発揮してくれます。力の入れ方には十分注意し、適度な力で行うようにしましょう。セルライトはしっかりとストレッチを行なえば、解消できるものなので、諦めずに続けることが大切です。
足痩せストレッチで太ももを細くしよう
足痩せストレッチの中でも、太ももは比較的効果が早く現れやすい部分です。コンプレックスを持っている方の中には、いくら運動しても解消されないという方がいらっしゃるかもしれませんが、優しく手入れしてあげることによって、少しずつほっそりとした足を手に入れることがきっとできるでしょう。
足痩せするためのストレッチ方法
足痩せするためのストレッチ法は、むくみを取るものと、足自体をしっかりと動かすものの2種類を一緒に行うことによって、より効果的に細くすることができます。どちらも無理のないよう、自分のペースで継続することをおすすめ致します。
座りながらできる足痩せストレッチの紹介
足痩せのために、座りながらできるストレッチは多々あります。まずは姿勢に気を付けて座ってから、実践してみて下さい。今回紹介したものはとても簡単に短時間でできるので、隙間時間に行ってみてはいかがでしょうか?